JAEA  国立研究開発法人
日本原子力研究開発機構
タンデム加速器,タンデムブースター english page日本語ページ
タンデム加速器の利用方法


平成29年度 施設供用利用課題(タンデム加速器施設)

 標記のとおり平成29年度 施設供用利用課題の受付を行います。この課題募集は、施設利用制度での施設供用枠を対象として実施するものです。利用を希望される方は下記要領に従って、申込書を提出してください。
施設供用利用制度の詳細につきましては
 原子力機構ホームページ→「研究連携成果展開部」→「施設利用
をご参照下さい。

公募区分
 研究開発の一般枠で成果公開と成果非公開があります。
また、優先枠として競争的資金利用枠と産業利用促進枠があります。

イ.成果公開の利用課題
 研究成果を公開する一般課題の場合、専門部会による課題審査を通じて、課題採択及びマシンタイム等の配分を行います。また、「実施報告書」の提出及び施設供用の終了年度の翌日から2年以内に論文発表等で成果を公表することを、成果公開課題の要件とします。
 利用料金は、「基本料金」の一部を免除した料金となります。
 申し込みの際には提案された研究計画がどのように人材育成に寄与するかについて記載(たとえば、学位の取得、教員用の指導者の養成に寄与する等)して頂くことになります。
 競争的資金利用課題は、「基本料金の1/3」で「優先的」に利用できます。なお、公募結果の写し等を求めます。

ロ.成果非公開の利用課題
 研究成果を公開しない場合、基本料金を徴収し、実施可能性及び安全性に係る審査をします。
 産業利用促進課題は、成果非公開で、利用料金は、「基本料金」の一部を免除した料金となります。

 申し込まれた課題は、2017年6月26日(月)に開催するタンデム加速器専門部会で評価を受けます。実際の実験日程については、加速器の運転計画立案時に再度具体的な実験実施計画を提出していただき審議・調整の上、決まります。

応募資格
 利用申込者は、大学、民間企業及び公的研究機関等に属する研究者等とします。但し、産業利用促進課題は、民間企業に属する研究者等とします。

利用課題審査
イ.成果公開の利用課題
 施設利用協議会・専門部会にて科学技術的妥当性、原子力機構の設備・装置を利用する必要性、実験の実施可能性、安全性及び機構の供用施設を用いて行われたこれまでの研究成果について総合的かつ専門的に審査します。

ロ.成果非公開の利用課題
 各施設運営部門にて実験の実施可能性及び安全性を審査します。


(1) 申込み方法
申込書式
 申込書に必要事項を記入し、加速器管理課に電子ファイル(PDF)で提出してください。
提出先:riyou.tandem@jaea.go.jp
専門部会の開催に間に合わせるため、加速器管理課で集約の後、研究連携成果展開部連携協力課(旧 産学連携推進部産学連携推進課)に提出します。
 マシンタイム決定後の施設供用利用の手続きは、従来どおり連携協力課にて行います。
(2) 申込み資格
大学、民間企業及び公的研究機関等に属する研究者等
(3) 申込み期限
2017年5月31日(水)12:00 加速器管理課 必着
(4) 問合せ先
施設供用利用制度について
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方2-4
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
研究連携成果展開部 連携協力課 施設利用チーム
TEL:029-282-6260/6956
FAX:029-282-6365
e-mail : renkei.shisetsu@jaea.go.jp
記入等について
研究炉加速器管理部 加速器管理課
担当 中村 暢彦
TEL:029-282-6322
FAX:029-282-6321
e-mail: riyou.tandem@jaea.go.jp
(5) 採否通知
2017年7月(予定)
以上